© 家読推進プロジェクト
                                                  UCHIDOKU Project
 
うちどくのすすめ全国家読情報全国家読情報:行政編全国家読情報:地域編全国家読情報:図書館編全国家読情報:公民館編全国家読情報:学校編子ども読書活動推進計画読書のまち 宣言自治体各地家読宣伝物案内佐賀うちどくネットワーク福岡うちどくネットワーク福島うちどくネットワーク秋田県南ブックコミュニティ国際読書文化交流学力向上学力向上研究成果報告家庭教育力つながる絵本はじめよう!リレーうちどくうちどく情報クリップ家プロ版「うちどくノート」各地の「うちどくノート」紹介FMゆーとぴあ「小さな朗読コンサート」家読サミット開催地家読テーマソング公式ロゴマーク朝の読書運動の歴史家読運動の歴史家読講演会・セミナー代表のひとりごと家プロ絵本棚委員ブログ文部科学省からお知らせ国際子ども図書館情報国立青少年教育振興機構東京都教育委員会お問い合わせ子ども司書制度子ども司書制度の誕生全国子ども司書講座ガイド全国子ども司書研究大会子ども司書推進プロジェクトFMゆーとぴあ「子ども司書だより」子ども司書情報クリップ子ども司書講演会・セミナー案内子ども司書マニュアル全国の子ども司書認定証新しい図書館像をめざして家読おすすめ絵本コーナー

カウンタ

1402900

2021/01/02

世界で1冊の手づくり絵本で「家読」をした子どもたち

| by:ts
 福島県棚倉町立棚倉小学校4年生62人の手づくり絵本が、令和2年12月12日に行われた矢祭町主催「第12回矢祭もったいない図書館手づくり絵本コンクール」表彰式で矢祭町長特別賞を受賞した。
 同コンクールの創設は、全国から善意で寄贈された45万冊を所蔵して平成19年1月に「矢祭もったい図書館」が開館したことで、同図書館活動の文化性を象徴する事業を模索し、文部科学省の公募企画「平成21年度子ども読書の街づくり推進事業」に応募する事業計画書に記載した一つの事業企画であった。同事業計画書には「手づくり絵本コンクール」と共に「子ども司書制度」も盛り込まれ、現在全国約300もの公立図書館で実施されている「子ども司書養成講座」の発祥地は、この矢祭町になる。
 話を棚倉小学校の4年生たちが「手づくり絵本」製作に取り組んだ件に戻すことにする。棚倉小学校ので図工を指導するK先生は、図工の教科書の題材に「山」を舞台にした物語を描くという指導があり、「せっかく物語を描くのなら、1枚に仕上げるのではなく、国語で習った『起承転結』を生かして絵本にしてみたい」とひそかに思った。その理由には、「二分の一成人式の思い出になるように」という願いの心つもりが動機になって、それだけ記念になる「絵本」なら保護者と地域の人たちも巻き込んで製本の協力をお願いしようという、なんと豊かな感性と行動力をもった先生であろう
か。製作に取り組んだ子どもたちは「お母さんと本を仕上げたり、家の人から『いい話だね』って、ほめられたり、とてもうれしかった。」自分一人では完成できなかったかもしれないけど、地域の人に製本を教えてもらって、自分で思っていた以上によいものができてよかった」と良い経験になったようだ。
 出来上がった作品を家に持ち帰り、世界で1冊しかない絵本を家族みんなで「家読」したことで、保護者からは「子どもが考えたストーリーは、実際、わが家でしている誕生日会の内容だったので、喜んでくれていたんだと、あらためて感じました」「出来上がった本を、妹に読み聞かせしていた。妹が喜ぶ絵本を作ろうと、最初から考えて作っていたことを、本人から聞いてとてもうれしくなった」と感想が寄せられ、手づくり絵本での「家読」で、親と子のコミュニケーションがさらに深まったようだ。
 K先生はこの62人の生徒の「手づくり絵本」を、第12回矢祭もったいない図書館手づくり絵本コンクール」に応募し、見事に矢祭町長賞を受賞することになった。手づくり絵本製作にチャレンジした子どもたちには、二分の一成人式の記念としてそれぞれの人生のよき思い出になるのものと思うとともに、生きた教育というのはこのような指導にあるのではないだろうかと感じさせられた。
22:22