© 家読推進プロジェクト
                                                  UCHIDOKU Project
 
うちどくのすすめ全国家読情報全国家読情報:行政編全国家読情報:地域編全国家読情報:図書館編全国家読情報:公民館編全国家読情報:学校編子ども読書活動推進計画読書のまち 宣言自治体各地家読宣伝物案内佐賀うちどくネットワーク福岡うちどくネットワーク福島うちどくネットワーク秋田県南ブックコミュニティ国際読書文化交流学力向上学力向上研究成果報告家庭教育力つながる絵本はじめよう!リレーうちどくうちどく情報クリップ家プロ版「うちどくノート」各地の「うちどくノート」紹介FMゆーとぴあ「小さな朗読コンサート」家読サミット開催地家読テーマソング公式ロゴマーク朝の読書運動の歴史家読運動の歴史家読講演会・セミナー代表のひとりごと家プロ絵本棚委員ブログ文部科学省からお知らせ国際子ども図書館情報国立青少年教育振興機構東京都教育委員会お問い合わせ子ども司書制度子ども司書制度の誕生全国子ども司書講座ガイド全国子ども司書研究大会子ども司書推進プロジェクトFMゆーとぴあ「子ども司書だより」子ども司書情報クリップ子ども司書講演会・セミナー案内子ども司書マニュアル全国の子ども司書認定証新しい図書館像をめざして家読おすすめ絵本コーナー

カウンタ

1296388
カテゴリー別ページへのリンク
全国家読情報の…
行政編へ  地域編へ  図書館編へ  公民館編へ  学校編へ
 
全国家読(うちどく)情報
トピックス >> 記事詳細

2020/03/05

こんな時だからこそ家庭に本を届ける!(羅臼町教育委員会)

| by:ts
 全国的に新型コロナウイルスが拡大する中で、全国一斉休校で家に閉じこもり、行き場のない子どもたちはどのような1日を過ごしているのでしょうか。ドリルなどで自習をしたり、気分転換に読書をする子どもたちも多いようですが、一番の心配はゲーム漬けになっていないかということです。こんな非常事態の時こそ子どもたちが本を読むことが心のケア面でも大事なことなのですが、その頼みの綱のとする校図書館と公共図書館も一斉休校と同時に3月末まで臨時休館になっているところが多いようです。
 北海道は新型コロナウイルス拡大防止で非常事態宣言が出されている中で、羅臼町教育委員会は不安やストレスを抱えて過ごす子どもたちのために「こんな時だからこそ 君たちの心と体を守りたい」キャンペーンに取り組み、子どもたちに読書の楽しみを届けるために「本の無料宅配サービス」をも実施し、公民館図書室ではこんな時だからこそ、ゆっくり読書をしたり、本を見てモノづくりを楽しんでほしいと、「家族で読書登山」活動にも取り組んでいます。同キャンペーンの詳細は下記をご参照ください。
 羅臼町教育委員会「こんな時だからこそ 君たちの心と体を守りたい」チラシ.pdf
 羅臼町公民館図書室「家族でチャレンジ! 家族で読書登山」リーフレット.pdf
14:15