© 家読推進プロジェクト
                                                  UCHIDOKU Project
 

カウンタ

883072
子ども司書制度

子ども司書とは
 本が好きで読書に興味・関心が高い子どもたちを中心に、司書についてのノウハウを習得し、友達や家族に読書の素晴らしさや大切さを伝えるリーダーとなることを目指します。
 子ども司書制度は、法律に基づく司書の資格を取得することではありませんが、日本十進分類法や図書の検索・受付・登録・貸し出しと返却等を学びます。
 子ども司書に認定された子どもたちは、地域の図書館で読み語りのボランティアを行ったり、学校図書館では図書委員のリーダーとして活動したり、本の整理、分類等子ども司書として活動します。

 
12